〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番19号 富田ビル8階
【名古屋市営地下鉄 東山線栄駅】13番出口から徒歩3分
【名古屋市営地下鉄 名城線栄駅】13番出口から徒歩3分
【名古屋市営地下鉄 名城線矢場町駅】6番出口から徒歩6分

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

※酒井真美税理士事務所のURLは『sakai-kaikei.com』です。

お電話でのご予約はこちら

052-253-5307

死亡保険金と年末調整・
確定申告との関係

ご親族様がお亡くなりになると、死亡保険金を受け取ることがございます。

死亡保険金を受け取ると、年末調整や確定申告で影響するのでしょうか。

相続税専門の税理士が解説いたします。

死亡保険金と年末調整・
確定申告との関係

死亡保険金は誰が保険料を

負担していたかで

税金の種類が決まる

死亡保険金を受け取った場合、誰が保険料を負担していたかによって、受け取った人が支払う税金の種類が決まります。

お亡くなりになっていた人が保険料を負担していた場合は相続税、ご自身(保険金をもらった人)が保険料を負担していた場合は所得税、お亡くなりになった人でもご自身でもない人が保険料を負担していた場合は贈与税です。

これを表にすると、次のようになります。

保険料を払った人 税金の種類
お亡くなりになった人と同じ

相続税

(一定の非課税枠あり)

保険金をもらった人と同じ

所得税

(一時所得又は雑所得)

お亡くなりになった人でも保険金をもらった人でもない

贈与税

なお、お亡くなりになった人が保険料を支払っていた場合については、こちらのページをご参照ください。

過去の相続で
生命保険契約に関する権利を
取得しているとき

死亡保険(終身保険)の保険料を支払う人と保険の対象となっている人(被保険者)が異なっているときがございます。

その場合、保険料を支払っている人が先にお亡くなりになることがございます。

具体的には、子が被保険者になっている終身保険を親が保険料を支払っていたときなどのケースです。

そうすると、保険料を支払っている人がお亡くなりになっても保険は継続します。

しかし、税金の処理としては、保険料を支払っている人がお亡くなりになった時点で、仮に解約した場合の金額を相続(又は遺贈)で取得したものとして、相続税を課税するという処理になります。

このとき、契約者がお亡くなりになった人であれば遺産分割協議(又は遺言書)で相続人(又は受遺者)が権利を取得し、契約者がお亡くなりになった人以外であれば、その契約者が権利を取得します。

保険金をもらった人が過去の相続で生命保険契約に関する権利を取得しているときは、保険金をもらった人が払ったのと同じ扱いになりますので、税金の種類は所得税になります。

上記以外で途中から
保険料を支払う人が変わったとき

上記以外のケースで、途中から保険料を支払う人が変わった場合は、支払保険料で按分して、税金の種類を判断します。

ただし、途中で契約者を変更したり、契約者を変更しないまま保険料を贈与していたりする場合は、税理士にご相談されることをお勧めいたします。

死亡保険金をもらって、
年末調整や確定申告で
影響するケースとは

死亡保険金をもらって、年末調整や確定申告で影響するケースをご紹介いたします。

保険金をもらった人と
保険料を払った人が同じとき

まず、保険金をもらった人と保険料を払った人が同じときは、年末調整や確定申告に影響を与えます。

このとき、死亡保険金を一時金でもらっているときは一時所得、年金形式でもらっているときは雑所得で申告します。

一時金のときは、年末調整や確定申告も一年しか影響しませんが、年金形式のときは毎年、年末調整や確定申告に影響を与えますので、注意が必要です。

相続税や贈与税が課税されるケースで
年金形式で受け取っているとき

保険料を払った人がお亡くなりになった人で、一時金で死亡保険金を受け取っている場合は、相続税が課税されますので、年末調整や確定申告に影響することはございません。

もし、相続税の支払いが発生しなかったとしても、相続税が課税されなかったということであり、所得税を代わりに課税することはございません。

ただし、保険料を支払っていた人が保険金を受け取った人と異なり、相続税や贈与税が課税されるケースでも、険金を年金形式で受け取っている場合には、年金が雑所得になりますので、年末調整や確定申告に影響を与える可能性がございます。

死亡保険金を年金形式で受け取り、さらに相続税や贈与税が課税されているときは『相続等に係る生命保険契約等に基づく年金の雑所得の金額の計算書』を使って、雑所得の計算をします。