〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番19号 富田ビル8階
【名古屋市営地下鉄 東山線栄駅】13番出口から徒歩3分
【名古屋市営地下鉄 名城線栄駅】13番出口から徒歩3分
【名古屋市営地下鉄 名城線矢場町駅】6番出口から徒歩6分

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

※酒井真美税理士事務所のURLは『sakai-kaikei.com』です。

お電話でのご予約はこちら

052-253-5307

死亡保険金受取人の変更と

相続税・贈与税の関係

死亡保険金は、被保険者(保険をかけられている人)がお亡くなりになると、その指定された保険金受取人が受け取る手続きをします。

その保険金をもらった人から別の人に保険金を渡すと、何か問題があるのでしょうか。

そのような疑問に、相続税専門の税理士が解説いたします。

死亡保険金受取人の変更と
相続税・贈与税の関係

死亡保険金受取人は
変更できるのか

保険契約のときに、被保険者(保険をかけられている人)にもしものことがあったときのために、保険金受取人(保険金をもらえる人)を決めます。

お亡くなりになったときに保険金が支払われる終身保険では、多くの場合、保険金受取人は親族(相続人が多い)になっています。

保険を契約した後でも、契約者は、保険会社に連絡すると、保険金受取人をいつでも変更できます。(契約者と被保険者が異なるときは、被保険者の同意が必要です。)

変更の際に、保険金受取人の同意は特に必要ではございません。

ただし、お亡くなりになった人が自身にかけていた保険(契約者がお亡くなりになった人で、自分に万が一のことがあったときに、他の人に保険金が支払われる保険)では、保険をかけていた人がお亡くなりになると、遺言書でしか保険金受取人の変更はできません。

違う人が保険金を受け取ると
贈与税がかかることも

保険会社は、保険金受取人として契約者が前もって決めた人か、遺言書で保険金受取人変更の記載があれば、その人に保険金を払います。

もし、保険金受取人が先にお亡くなりになっていて、保険金受取人の変更がされていない場合は、保険金受取人の相続人に保険会社は保険金を支払います。

保険金を受け取った人から、別の人に保険金を渡すことはできますが、その場合は、その別の人に贈与税がかかるおそれがございます。

特に、保険金受取人が相続放棄した人や相続人でない人のケースでは、別の人に保険金を渡すと、その受け取った人が1年間で贈与でもらった金額が110万円を超えているときは、贈与税がかかりますので、ご注意ください。

保険金受取人以外に
保険金を渡しても
贈与税がかからない方法とは

もし、死亡保険金受取人が相続人で、別の相続人にお金を渡したいのであれば、遺産分割協議で、保険金相当額を代償金として、別の相続人に渡すことが可能です。

代償金として渡す理由は、死亡保険金そのものは、指定された保険金受取人が生存している限り、遺産分割協議の対象となる財産ではないためです。

また、お亡くなりになった人の財産が、『3,000万円+600万円×法定相続人の人数』を超える場合、相続税の申告が必要です。

相続人(相続放棄した人を除く)が死亡保険金を受け取ると、1回の相続で『500万円×法定相続人の人数』までは死亡保険金の非課税の適用がございます。

仮に、まず死亡保険金受取人が保険会社から保険金を受け取って、別の相続人に遺産分割協議で代償金を渡しても、その別の相続人は原則、死亡保険金の非課税枠は使うことができません。(保険金受取人以外の人が受け取っても、やむを得ない理由があると税務署が認める特殊なケースを除きます。)

代償金で渡しても、あくまで非課税枠を使えるのは、原則、死亡保険金受取人として指定された人だけですので、注意が必要です。

さらに、遺産分割協議でもらった財産(不動産や預貯金など)の範囲内で別の人に代償金を渡しても、相続税の調整だけで済みますが、遺産分割協議でもらった財産の金額を超えて、別の相続人に代償金を渡すと、超えている部分は贈与税がかかってしまいます。

税務署に後で問題を指摘されると、贈与税が多く発生することがございます。

保険金受取人と指定されている人以外に保険金相当額を渡す場合は、税務署か税理士にご相談されることをお勧めいたします。