〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番19号 富田ビル8階
【名古屋市営地下鉄 東山線栄駅】13番出口から徒歩3分
【名古屋市営地下鉄 名城線栄駅】13番出口から徒歩3分
【名古屋市営地下鉄 名城線矢場町駅】6番出口から徒歩6分

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

※酒井真美税理士事務所のURLは『sakai-kaikei.com』です。

お電話でのご予約はこちら

052-253-5307

相続放棄した場合の

死亡保険金と相続税の関係

ご親族様がお亡くなりになった時、その人の状況によりますが、相続放棄を選択することがございます。

相続放棄をしても、死亡保険金は受け取れるのでしょうか。また、相続税や贈与税など、税金はどうなるのでしょうか。

相続税専門の税理士が解説いたします。

相続放棄した場合の
死亡保険金と相続税の関係

相続放棄をしても、
死亡保険金を受け取れる

死亡保険金の受取人は、被保険者(保険をかけられている人)の同意があれば、保険の契約をした人が決めることができます。

保険金受取人は、配偶者か2親等以内の親族(子、孫、両親、祖父母、兄弟姉妹)で指定されていることが多いです。保険会社の了承が得られれば、それ以外の人に受取人を指定することができるケースもございます。

そして、被保険者(保険をかけられている人)がお亡くなりになると、保険会社で手続きをすれば、保険金受取人として指定されている人は保険金を受け取ることができます。

もし、何らかの理由により、相続放棄の手続きをしても、死亡保険金を受け取ることは可能です。

理由としては、死亡保険金は、民法上はお亡くなりになった人の財産ではなく、死亡保険金受取人の財産と考えられているためです。

相続放棄で保険金を受け取っても、
相続税申告が必要

相続税の申告は、お亡くなりになった人の財産が、『3,000万円+600万円×法定相続人の人数(放棄をする前の人数)』以上であれば、申告が必要です。

死亡保険金は、お亡くなりになった方が保険料を払い込んでいて、お亡くなりになったことで保険金をもらっている場合は、税法上は『みなし相続財産』として、相続税の申告の計上が必要なものに該当します。

相続税の納税義務者は、『相続又は遺贈で財産を取得した人』ですが、死亡保険金を受け取った人も、みなし相続で取得しているため、続放棄していても相続税の納税義務者に含まれます。

また、相続放棄していない相続人が死亡保険金を受け取った場合は、『500万円×法定相続人の人数(放棄をする前の人数)』までは死亡保険金の非課税が適用されます。

ところが、相続放棄をしている人や相続人以外の人が死亡保険金を受け取っても、死亡保険金の非課税は適用されません。

つまり、相続放棄をした人は、相続税の申告から逃れることができず、さらに死亡保険金の非課税枠も使えない、ということになります。

死亡保険金を受け取ると、
3年以内贈与も加算

さらに、相続などで財産をもらっている場合、お亡くなりになる前の過去3年間のお亡くなりになった人からの贈与も相続税の申告で計上が必要です。

もし、死亡保険金も含めて、何も相続でもらっていなければ、3年以内の贈与の計上は不要です。

よくあるケースでは、相続人が子で、お亡くなりになった人が孫に贈与していて、孫が死亡保険金も相続財産ももらっていないケースです。

その場合は、孫への3年以内の贈与は、相続税の申告で計上の対象ではございません。

ただし、相続放棄をしていても、死亡保険金をもらっている人は、みなし相続で財産をもらっていることになります。

その場合は、お亡くなりになった人からの3年以内の贈与も相続税の申告で計上が必要になります。

結局、相続放棄をしても相続税の申告義務から逃れることはできず、死亡保険金の非課税枠もその人は使えず、過去の3年間の贈与も含めて、相続税(贈与税額控除があれば適用後)を支払うことになります。

親族で相続放棄をした人がいて、相続税申告が必要な場合は、その放棄した人へ贈与が多く行われているケースもございますので、注意が必要です。

気になることがあれば、税理士に相談しみるとよいでしょう。