〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番19号 富田ビル8階
【名古屋市営地下鉄 東山線栄駅】13番出口から徒歩3分
【名古屋市営地下鉄 名城線栄駅】13番出口から徒歩3分
【名古屋市営地下鉄 名城線矢場町駅】6番出口から徒歩6分

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

※酒井真美税理士事務所のURLは『sakai-kaikei.com』です。

お電話でのご予約はこちら

052-253-5307

相続税についてのお尋ねが届いたら

相続税の申告期限は、被相続人がお亡くなりになってから、原則10ヶ月以内です。

税務署は、お亡くなりになった人がいるとの情報を市町村から伝えられます。そして、過去に税務署に提出されたデータ(昔の相続税申告書、確定申告書、株の配当金の資料、特定口座の売買に関する資料、退職所得の源泉徴収票など)や保有している不動産の評価額などのデータをもとに、相続税の申告が必要と思われる場合には、相続税についてのお尋ねを送り、状況を確認します。

相続税についての
お尋ねが届いたら

もし、既に相続税の申告を税理士に頼んでいる場合は、税務署から届いたお尋ねを返送することは不要です。

相続税の申告が必要か不明な場合は、状況を確認し、相続税の申告が不要な場合はお尋ねを税務署に提出し、相続税の申告が必要な場合はお尋ねは返送せずに、相続税の申告書を提出します。

この用紙が届いた場合、相続税の申告が必要な可能性が高いため、用紙を記入せずに、まずは税理士に相談してみるのも一つの方法です。

相続税についてのお尋ねの書き方

相続人の方の欄について

配偶者は常に相続人になります。

次に子(子が亡くなっている場合は孫)や養子など直系卑属が第一順位で相続人になります。子(子が亡くなっている場合は孫)などの直系卑属がいない場合は、親(親が亡くなっている場合は祖父母)などの直系尊属が第二順位で相続人になります。直系卑属・直系尊属がいない場合は、兄弟姉妹(兄弟姉妹が亡くなっている場合は甥姪)が第三順位で相続人になります。

もし、放棄した人がいても、放棄がなかった場合の相続人を全て記入します。

不動産について

毎年4月頃にご自宅に送付される固定資産課税明細書(固定資産税の納付のお知らせに同封されている書類)を使って、記入します。

土地の評価については、路線価の調べ方がこちらのページにございますので、ご参照ください。

建物は、ご自宅である場合は、倍率は1.0倍で、固定資産課税明細書の家屋の評価額の欄の数字を記入します。

株式などについて

証券会社や銀行でお亡くなりになった時点の残高証明書を発行していれば、その書類を使って、記入します。

残高証明書がない場合は、一定の周期で取引残高報告書か運用報告書が届きますので、できればお亡くなりになった時期に近い書類を使って、記入します。

実際の株式の評価額とは異なりますが、大きな乖離がなければ概算で問題ないと思われます。

現金・預貯金について

お亡くなりになった日にあった現金(直前に出金した分を含む)や預貯金の残高を記入します。

生命保険金などについて

死亡保険金(お亡くなりになった人が保険料を負担していた保険)や死亡退職金などを確認して、記入します。

相続時精算課税について

相続時精算課税は平成15年にできた制度で、1年で大きな金額を贈与するとき(住宅の購入時が多いです)に使われることがあります。この制度を利用したかどうか分からない場合は、贈与税の申告内容の開示請求をお亡くなりになった人の住所地の税務署にして、確認することができます。

亡くなる前3年以内の贈与について

相続人欄で記入した人、死亡保険金を受け取った人(相続時精算課税で書いた人を除く)が過去3年以内にお亡くなりになった人から贈与を受けている場合は、記入します。

債務などについて

お亡くなりになった後に支払った債務(借入金、税金、医療費など)や葬式費用(法要は除く)を記入します

最後の計算欄

今まで記入した項目について、計算します。

厳密には、死亡保険金・死亡退職金は、相続人が受け取っている場合は、500万円×法定相続人の人数までの金額を控除します。

集計した後の金額が、基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の人数)を超えるときは、早めに相続税の申告をどうするか検討した方がよいでしょう。

基礎控除額を下回っていれば
安全?

基礎控除額を下回っていても、必ずしも申告不要とは言い切れません。

次の状態の場合、追加で相続財産に計上を求められる場合があります。

該当する場合は、税理士に相談する方がよいでしょう。

  • 配偶者の預貯金・保険などの金融資産は、へそくりで築いたと思われる
  • 配偶者の預貯金・保険がお亡くなりになった人と比べても多い印象がある
  • 自宅に別居している家族の通帳や保険、印鑑、カードなどがある
  • お亡くなりになった人が家族名義の口座を開設して、贈与していたことがある
  • お亡くなりになった人の通帳を見ても、よく分からない出金が多い

相続税の申告をどうするか

相続税の申告が必要なことが判明した場合、自分で申告するか税理士に依頼するかお悩みになるかもしれません。

相続税の申告書を、路線価の数字や残高証明書(通帳)の金額を書き写すだけでよいのであれば、労力はかかりますが、ご自分でも作成はできると思います。

ただ、相続税の申告書を自分で作成して提出している人の割合は約15%であり、85%の人は税理士に依頼しています。それは、相続税の税務調査の確率が約10%であり、税務調査で追加で納付する税金(ペナルティも含む)は名古屋国税局では平均530万円になり、重いペナルティになる確率(重加算税を賦課される割合)も20%前後であるためです(※)。

(※)出典:名古屋国税局 「平成30事務年度における相続税の調査等の状況について」

上記の『基礎控除額を下回っていれば安全?』の項目にチェックがある場合は、税務調査でも論点になりやすい項目ですので、該当する場合は税理士へのご相談をお勧めいたします。

相続税申告の無料相談のお知らせ

酒井真美税理士事務所では、相続が発生し、相続税の申告を依頼する税理士をお探しの方には、無料相談会(ご面談方式)を実施しております。

お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

052-253-5307

「どうしてもご来所が難しい」という場合には、お電話にてご相談の上、愛知県であれば、お伺いさせていただくことも可能です。(テレビ面談も対応しておりますので、ご希望の場合は、ご連絡ください。)

まずは、お電話かメールにてお問い合わせください。

  • 対応時間:9:00~20:00(月~金)
  • 休日:土日祝日

※土日祝日は休日ですが、電話対応が可能な場合がございます。

まずはお気軽にご連絡ください。

※土日祝日でのご面談は予約制です。

ご希望の際は、お気軽にご連絡ください。

※お電話がつながりづらい場合には、お手数ですが時間をおいておかけ直しいただくか、メールにてお問い合わせいただければ幸いです。

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

お電話でのご予約はこちら

052-253-5307
営業時間
9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日

※ご面談でのご相談のご予約を承ります。

相続が発生し、相続税申告を依頼する税理士をお探しの方は、ご面談でのご相談は初回無料です。

※ご相談内容の把握が難しいため、新規の方のお電話のみの税金のご質問はお受けいたしかねますので、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

アクセス・営業時間

住所

〒460-0008名古屋市中区栄四丁目14番19号 富田ビル8階

アクセス

【地下鉄 東山線栄駅】
13番出口から徒歩3分
【地下鉄 名城線栄駅】
13番出口から徒歩3分
【地下鉄 名城線矢場町駅】
6番出口から徒歩6分

営業時間

9:00~20:00

定休日

土曜・日曜・祝日

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約は

052-253-5307

フォームでの相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。